農業改革の方向として、企業の参入を促進しコスト削減を図ることがあげられているが、その場合、果たして企業は効率の悪い棚田や、狭小な田なども耕作してくれるのだろうか。
 コストを重視するならば、そのような田はまっさきに耕作放棄地とされるであろう。
 「JAはくい」が出資している「JAあぐり」では、そのような棚田でもちゃんと耕作していている。そのせいか収益はあまりあがっていないと聞いているが・・・。
 このように地元の企業なら大丈夫だと思うが、外部から参入してきた企業がその地区の慣習や万雑という高額な負担金などにも従ってくれるのであろうか。
 以前どこかで聞いたことがある「まあ一回やらせてみよう」では、取り返しがつかないことになりはしないだろうか( ̄ー ̄;)。

ブログランキングに参加しています(⌒・⌒)ゞ
よろしければ、バナーのクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ