役場から「稲作農業の体質強化緊急対策」についての案内があった。これは生産コスト低減の取組を実施した場合に、助成金を交付するというもの。1haあたり2万円と金額は少なく、該当するかどうかわからないが、なんとか申請してみるつもり(⌒o⌒)。
 自分としては、毎年のように変わる農業施策や助成金制度で予算を使うより、米の価格補償に予算を投下してくれるほうが、安心して資本の投資や栽培技術の習得ができると思うのだが・・・。
 相変わらず国としては、農家を「生かさず殺さず」的な政策が続くようである( ̄ー ̄;)。

 農林水産省
 http://www.maff.go.jp/j/seisan/nosan/inasaku_kyouka.html

ブログランキングに参加しています(⌒・⌒)ゞ
よろしければ、バナーのクリックをお願いします。

人気ブログランキングへ