0f976b38.jpg 農薬散布をした。風が吹いていると農薬が飛ばされてしまいあまり効かないので、風がない朝5時に起きて散布を開始した。朝は面積の小さい田だけ散布したため、7時半ごろに終わった。面積の大きい田は、畦ではなく田の中に入って散布するため、稲やまわりの草に朝露がついていると作業着がびしょびしょになってしまうので、露がなくなる夕方にしようということにしたのである。ところが夕方になってもいっこうに風が弱くならない。もう今日はあきらめようと思っていたが、6時半になってピタっと風が止んだので散布を再開した。最後のほうには少し風も出てきたが、なんとか7時半に終了。あたりは真っ暗で月明かりで作業をしているのはなんとなく風流?な感じがした。こんな時間までかかったのは初めてで、まわりには誰もいないし新鮮だったのかも( ̄▽ ̄)