弘宝日記

能登最高峰「宝達山」の清流で育てたコシヒカリ「弘宝米」(こうぼうまい)を産直している中西農場の日記です。

2006年05月

ちょっと手入れ

4c58eb95.jpg ブルーベリー畑の手入れをした。草を刈って、溝をきれいにして水を入れてみた。なかなかいい感じで水が溝の中を進んでいくので、これで真夏の乾燥も防げるであろう。しかし、どうも丈が短いので思い切って肥料をやってみた。あまり多くやりすぎると肥料やけをおこすらしいので、少なめにしてみたが果たしてどうなることやら。うまくいってほしいものである(-"-)

刃こぼれる

0f56df3b.jpg 川土手にコンクリートの太い杭が打ち込んであり、草に隠れて見えなくなっていたので、草刈機のカッターを当ててしまい、刃をこぼしてしまった。うーん、昨日買ったばかりなのにー。ショック。しかしめげずに川土手を3カ所刈り終えた。川土手は急斜面なので、足を踏ん張って刈らなければならないため、下半身にこたえる。そのせいか、最近少し体力がついてきたような気がするが、気のせいかなぁ(^_^)

川土手の草刈

64a1c08d.jpg 川土手の草を刈ろうとしたが、途中で草刈機のカッターの刃が欠けてしまったので、ホームセンターで新しいのを買ってきた。色は黒でいかにも精悍な感じで、よく切れそうである。実際に使ってみるとやはり気持ち良く切れる。こう切れ味がいいとなんだかスムーズに作業がはかどる感じがして気分がいい。このカッター直径2cmぐらいの木でも刈り取りOKとのこと。そういえば川土手には、あっという間に大きくなる木があって、2.3カ月で高さ1m、直径3cmぐらいになる。明日はこれも刈ってしまおう(^o^)

完全休業

ee722b95.jpg 完全休養。加賀市にある「ゆめのゆ」へ行ってのんびりしてきた。ちょっと遠いのでなかなか行けないが、健康ランドのような感じの日帰り温泉で結構気に入っている。でも帰ってきてみると疲れがドッと出たのか、体がだるくて眠くなってしまった。今宵は明日からの仕事に備えて早めに寝るとしよう(-_-)zzz

ブルーベリー27本枯れる?

481e029b.jpg ブルーベリーの畑があまりにもガタガタになっているので、トラクターで均しに行った。結構草も生えていたが、ゆっくりと低速で何回も耕したので、なんとか平らになった。これで見栄えも良くなったし、今秋にはここにブルーベリーをさらに植え付けよう。でも最初に植えたのが27本枯れていると、父から報告があった。わざわざ数えたのかー(ーー;)

草刈終了?

b4e80319.jpg 最後の休耕田の草刈りをした。最後の場所は農道と側溝があるため、普通の田の草刈とくらべて、面積が倍増している。雑草もこの時期になってくると1mぐらいに成長していて、刈るときの衝撃が手首にこたえる。でも刈り終えるとやっぱりスッキリとして気持ちが良い。これでなんとかひととおり刈り終えたが、また2週間後ぐらいには草刈を再開しなければならない。「農業は草との格闘だ」と誰かが言っていたが、キツイですなー(T_T)

今度は3匹

e64e6ea2.jpg 休耕田の草刈を始めた。昨日に引き続いて今日も蛇に遭遇してしまった。最初は錆びた鉄かなと思ったのだが、よく見てみると蛇!ギャオー!その場所をさけて草刈続行。しばらくし行ってみるともういなくなっていたが、草を刈っていても、なんとも気持ちが悪い。午後からはシマヘビを2匹発見。もういやー!でもどうして最近急に蛇が出てくるのだろう。もしかして、みんな草を刈ってしまったので、草のあるところが少なくなってきたせいかも。1日に3匹の蛇を見ると、良いことがあると聞いたことがあるけど、良いことがあるより蛇を見ないほうがいいなぁ(+_+)

マムシ

d1844475.jpg 今日で植え付けした田の草刈をひととおり終えることができる予定だったが、最後の田になって「マムシ」と遭遇してしまった。もうびっくりして心臓ドキドキ。正午近くになって出てきたので、草刈を途中で止めて、午後からもういないだろうと思って草刈を再開したところ、まだそこにいてまたもやビックリ。しばらくじっとしていると、ゆっくりと去って行った。しかし、あの体の模様は非常に気色悪い。夢に出てきそうである。今日で何とか植え付けした田の草刈は終わったが、これからは休耕田の草刈が残っている。まだまだ草刈は続くのであった(T_T)

ちょっと休養

bb1a685a.jpg 午前中、1枚の田を草刈したが、昼から雨が激しくなってきたので、草刈を断念し休養。本屋へ行ってみると今映画で話題の「ダビンチ・コード」の文庫本があったので、いまさらと思いつつも買ってしまった。読んでみるとものすごく面白い。ハラハラドキドキ。上・中・下巻があるが今日は中巻の途中まで読破してしまった。明日は最後まで読んでしまおう(^_^)

草刈6日目

8ddb9a49.jpg 暑い!今日も草刈の一日だったが、午前9時ぐらいから汗タラタラの状態。今日は紺屋町の田の草刈だったので、途中で何回も木村商店へ行き、自販機でポカリスエットなどで水分の補給をした。午後からも草刈で、家へ帰ってからはビールで大量の水分の補給をしてしまった。明日は雨なので休養か( ^^) _U~~

やまびこ運動会

377cef05.jpg 宝達小学校の「やまびこ運動会」が開催された。自分は御舘地区の文化委員のため、地区対抗種目に出場する選手を送り出したり、競技の準備をしたりと大忙し。途中、弘彦の80m走があったが今年は残念ながら2位。御舘・門前地区連合チームも4位と、昨年の2位から大きく後退。今年は優勝する予定だったのになぁ。やはり自分が出ないとだめか?(  ̄▽)b

運動会準備

3ff3f140.jpg 明日は宝達小学校の運動会なので、午前中に地区対抗種目に出場する選手名簿を配布して、午後からは小学校で準備をした。グラウンドにはまだ水が溜まっていたが、水はけの良いグランドなので明日にはグッドコンディションになるそうである。しかし、水溜りのせいで思うように準備できず、明日早朝から準備するということになった。明日は長い一日になりそうだー(^_^;)

草刈5日目

29602b0d.jpg 晴れたり降ったりと中途半端な天気だったが、午前中は草刈をして昼からは田植えをした。なんとか計画どおり終えることができたので、上機嫌になってしまい、ついつい飲み過ぎてしまった。明日は本当に雨のようだし、午後からは運動会の準備なので完全休養といこう( ̄▽ ̄)

手植え

65df3755.jpg 草刈をしていると、田のところどころで苗が植わっていないところが目に付いて気になってしまう。別にそのままにしておいても、まわりの苗が大きくなるので、収穫にはまったく影響がないそうであるが、やはり気になるので、思い切って田の周辺を回って植えることにした。しかし、6枚目ぐらいの田で疲れてしまい。明日に持ち越し。午後からはまた草刈開始。明日は雨のようだし休養しようかなー(-_-;)

草刈3日目

6f3b338b.jpg 草刈3日目。今日は昼過ぎからすでに「ランナーズハイ」の状態になってしまい、夕方まで気分良く作業をすることが出来た。しかし、やはり家に帰ってきてからはグッタリしてしまった。疲れのせいか、久しぶりに日本酒を飲みたくなり、いい気持ちになってしまった。明日は違う作業をして体を少し休めよう(-_-)zzz

草刈2日目

ade66a8b.jpg 今日も草刈が続く。さすがに少し筋肉痛だったが、がんばって草刈開始。午前中でちょっとヘトヘトになってしまったが、午後からも草刈継続。最後にはランナーズハイのような状態になって、気持ち良くなってしまった。でも家へ帰ってきてみると、なんだかフラフラしているような感じ。明日は大丈夫か(+_+)

草刈始まる

5f62126d.jpg 今日から田の畦の草刈を開始した。つい最近までそんなに気にならなかった雑草も、ここ2.3日で急激に伸びてきた感じである。草刈機の刃も新しいものに交換して草刈開始。よく切れる刃でスムーズに作業は進んだが、やはり久しぶりの作業のせいか、終わってみると明日の筋肉痛の予感がする。でもこれからしばらく草刈が続くし、そのうち慣れるだろう(^_^;)

運動会選手集め

d3ea2779.jpg 来週の日曜日に宝達小学校の運動会が開催されるため、各種目の選手集めで、御舘地区をまわってきた。ほとんどの人が2つ返事でOKしてくれたので、順調に決まった。この運動会は例年なら稲刈りで忙しい9月の開催だったが、今年は5月ということでちょっと気持ちに余裕がある。昨年は2位だったので今年は優勝めざしてがんばろう(  ̄▽)b

「弘宝米」米袋作成中!

8fe80fac.jpg 遅ればせながら「弘宝米」の米袋を作成しようと、デザインを検討中である。依頼先は株式会社マルタカさん。ネットの検索で見つけた会社である。担当していただいた方も誠実そうな感じで好感が持てる。カタログを郵送していただいたが、あまりにも多くのサンプルがあって、なかなか決めるのが大変である。でもいいものを作りたいのでよーく検討しよう(^.^)

ブルーベリー

a8148ed4.jpg 久しぶりにブルーベリー畑へ行った。だんだんと草が生えてきたので耕運機で少し溝をつけながら耕した。これで少しは畑らしくなった感じ?である。植えてからもう1年半たつのにいっこうに大きくならないのはなぜだろう。本を読み返してみると、固い土では伸長が難しいと書いてあったが、それほど固い土ではないと思うし、肥料はほとんどいらないらしいけど、今度少し肥料をやってみようかな(ー_ー)!!

晴耕雨読

8a88730a.jpg 午前中、大雨だったので、なんとなくやる気がなくなってしまい、休養をかねて晴耕雨読にしてしまった。今読んでいる本は「香乱記」。新聞の文庫宣伝で「項羽よりも劉邦よりも雄々しき英傑田横を描く傑作長編」とあったので、ついつい買ってしまった。まったく知らない人物だったのでちょっと興味津々である。今日は第二巻を読破。今後の展開が楽しみ(^_^)/~

手植え第2弾

52503756.jpg おととい田の角を全部植えることが出来なかったので、残りを植えてきた。他の水はまるでお湯のように温かく、これなら苗の成長も順調にいきそうである。田の中で2箇所、田植機のミスで1列全部植えることができないところがあり、100mの距離を1列、2箇所植えてきた。明日は確実に腰痛になりそうである(T_T)

花木

dc9c7c95.jpg 花木を植える場所に4月下旬に溝を掘ってもらうことにしていたのだが、何の連絡もないので、こちらから連絡してみたところ、もう2・3日かかるということであった。それと現地をまだ確認していなかったので、案内したところ、この田では無理だとのこと。それならもう少し早く言ってほしかった。本来なら4月上旬に植えなければならないのに、4月下旬でないと溝が掘れないというので待っていたのに、今年は花木は断念かΣ( ̄□ ̄;)

手植え

a9fdcf83.jpg 田植えは終了したのだが、田の角は田植機で植えることができないところがあるので、手で植えてきた。手植えはずーっと中腰での作業になるため、非常にキツイ。でも面積の大きい田も小さい田も手で植える面積は同じなので、やはり大きい田は効率が良い。手で植えたところは、稲刈り時にもコンバインが刈れないところなので、手で刈らなければならない。細かく植えると、いっぱい手で刈らないとならないので、まばらに植えておこう(^_^)v

前田農園

eac61c56.jpg 穴水町にある「前田農園」へ行った。ここは父が以前に農業研修生として渡米したとき、いっしょに行った人の農園である。野菜の苗や、スイカ、ブドウなどいろいろなものを栽培していて、研修生のなかでもいちばん成功した人である。最近ではワインの生産も手掛けているようである。80歳を超えているようだが若々しくて、バイタリティがある。さすが(^o^)

能登最高峰「宝達山」

c9737600.jpg 能登最高峰「宝達山」へ「ゼンマイ」を採りに行った。自分の山へ行ったのだが、もうすでに誰かに採られてしまったあとで、少ししか採ることが出来なかった。山の谷は急で、さすがにキツかったが、終わってからの山頂での焼肉とビールは格別だった。帰りの林道には八重桜が満開で、これまたいい気分。リフレッシュできました(^.^)/~~~

田植え終了

3d1da1fb.jpg なんとか田植えを終了することができた。こどもの日でもあったので、夕方外食に出かけたが、疲れがピークに達しているせいか、食欲もなくボーっとしてしまった。アルコールもあまり進まず、早々に引き上げて家でのんびりした。はー疲れました。明日は宝達山へ「ゼンマイ」を採りに行こうと張り切っている人がいるけど、どうしようかな(*_*)

田植え4日目

b8ded9a3.jpg 田植機の爪が変形してしまい、きれいに植えることができなくなってしまった。田の中にあった大きな石にでもぶつかってしまったのだろうか。すぐに高田農機さんを呼んで爪を交換してもらったが、どうも調子が悪い。よく見ると爪のところにあるカバーのようなものが欠落している。部品があるとすぐに直るとのことだったが、あいにく部品がなく取り寄せにしばらく時間がかかるらしい。仕方なく洗濯バサミで留めてみたところ、なんとかいけそうな感じだったので、強引に田植え再開。洗濯バサミも結構役に立つのであった(^_^;)

田植え3日目

1ad34a66.jpg いちばん大きな田に植えるため、今日は仕事がはかどると思ったのだが、思いのほか時間がかかってしまった。父いわく、昨年圃場整備の一環として暗渠を入れたため、ブルドーザーで踏まれて地面が硬くなったのが原因ではないかと言っていた。結局予定していた面積をクリアできずに終了。まあこれから天気もいいようだし大丈夫だー(^o^)

田植え2日目

9cb77fdf.jpg 本格的に田植えを開始した。今日の田植えの面積は200aの予定だったが、210aを田植えすることができた。気合も入っていたし、弘彦もお手伝い?にやって来たので、楽しく充実した一日となった。しかし、ちょっと飛ばし過ぎたかも。明日の筋肉痛が心配だー(*^_^*)
livedoor プロフィール
世界農業遺産「能登の里山里海」の中で最高峰の「宝達山」の清流で育てたコシヒカリ「弘宝米」(こうぼうまい)を産直しています。
弘宝米(こうぼうまい)とは
この地に残る弘法大師伝説と、中西農場は親子三代(弘、弘徳、弘彦)にわたって名前に弘がついていること、宝達山の宝の文字とあわせて弘宝米と名づけました。弘宝米は、弘の宝の米という思いを込めて、農薬もできる限り使用しないようにした環境にやさしいコシヒカリです。

農薬使用についての考え
最新のコメント
最新のトラックバック
能登発信のブログ (畝源 The ブログ)
防災訓練
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ