弘宝日記

能登最高峰「宝達山」の清流で育てたコシヒカリ「弘宝米」(こうぼうまい)を産直している中西農場の日記です。

2005年08月

稲刈り始まる

65894f6b.jpg 「ゆめみずほ」の稲刈りをした。なぜか準備にもたついてしまって昼から刈り始めたのであるが、コンバインも乾燥機も調子よく、スムーズに作業は進み、あっという間に終わってしまった。稲刈りの慣らしのような感じであったが、これで機械関係はなんとか順調にいきそうである。あとは天候が大きく崩れないように祈るだけ。台風来るなよ(ー_ー)!!

手で刈りました

fd7808d6.jpg 明日「ゆめみずほ」の稲刈りをする予定なので、事前にその田を見に行った。するとコーナーの1箇所が水が溜まっていて柔らかくなっていてコンバインがハマリそうな状態になっていた。暗渠が入っているので水はけが良いはずのだがどうしたことだろう?仕方なくハマリそうなところを全部手で刈ったところ1時間ほどかかってしまった。残暑厳しく疲れたー(>_<)

稲刈りができない

71a3a843.jpg 納屋の掃除も終わり稲刈りの準備は万端なのであるが、父が網引きに行っているので稲刈りができない。まわりの田が次々に稲刈りされていくのを見ていると、こちらも早く刈ってすっきりしたくなる。でも父は網引きに夢中なようで、明日も行くと言っている。しょうがないし明日は1人で刈り始めようかな。でも2人のほうがなにかトラブルが起きた場合に安心だし、もう少し待ってみようか(+_+)

夏休み最後の日曜日

e2225e03.jpg 夏休み最後の日曜日ということで、富山県の太閤山ランドへ行った。ここにある「こどもみらい館」には工作のコーナーがあり、親子で何か工作することができる。前回行ったときは焼き物だったが、今回は廃材の木の板を利用して好きな昆虫を作るというものであった。電動のこぎりで形をくりぬいたり釘やねじを使って頭や足を取り付けていった。弘彦は万力で木を固定してのこぎりで切ったり、ドリルで穴を開けたりして楽しそうであった。その後、「展望台」でカブトムシの展示を見たり、2人乗りの自転車に乗って敷地内を回ったりして有意義な1日を過ごすことができた。しかし弘彦が家へ帰りたがらないのには困ったけど(^_^;)

山の木が切られた

60d22aed.jpg うちの山の木が何者かに伐採された。そこにはヒノキや能登ヒバが何本も植えられていて、樹齢100年を越すヒノキもあった。その山は父が子供の頃、曾祖母といっしょに薪を取りに行ったところで、そのヒノキを何度も見ていたので、いざ切られてなくなってみると、曾祖母との思い出がよみがえってくるようで、涙が出そうなくらい悔しいと言っていた。でもこの地域で他人の山の木が切られたという話はあまり聞いたことがない。誰か町外の者の仕業であろうか(−−〆)

弘宝米生育順調

d798e4a1.jpg 歯医者へ行ったら、「今日は歯を抜きましょう」と言われ歯を抜かれてしまった。これがジクジクとものすごく痛い。最近痛いことばかりだなぁ。さらに「今日はお風呂やアルコールは避けてください」と言われた。え?今日は北川尻の祭りなので飲む予定なんだけど。なんだかついてないなぁ。まあ少しなら大丈夫かも?
 台風11号が西にそれてくれたおかげで「弘宝米」の倒伏をまぬがれた。昨年の今頃は半分ほどが倒伏していたが、今年はここまで順調にいっている。でも今日の天気は午後1時すぎに大雨が降りだしたりしていまひとつすっきりしない。これからは田を乾かさなければならないので、もう当分雨はいらないですm(_ _)m。

もう稲刈り?

335e7314.jpg 稲刈りをしている人を発見!場所は森本地区。え?もう刈ってるの?という感じでびっくり。でもそういう光景を目の当たりにすると、うちもそろそろ準備しようかと思ってそわそわしてしまう。今日はとりあえず納屋の掃除にとりかかった。今年の早稲の稲刈りは日曜日ぐらいからの予定だし、まだ早いけどなんだか落ち着かないもんね(@_@;)

弘彦失踪

76e9e64c.jpg 夕方5時ごろに急に弘彦がいなくなった。さっきまで友達と遊んでいたはずなのに、その友達が「弘彦は?」と家へ来たのでわかった。びっくりして軽トラに乗ってあたりを探してみたがみつからない。どこかの溝にでも落ちたのではないかと心配した。御舘を1周してみたが見つからず、その後10分ぐらい後で子供の広場にひとりでいるところを発見。叱りつけて家へ連れて帰った。しばらくして様子を見に行くと、叱られたせいかそのまま茶の間で寝ていた。しかし、どうして子供の広場に行ったのだろう。ひとりになりたかった?(・.・;)

前厄には気をつけよう

02380600.jpg 死ぬかと思った。草刈りをしていて大きな蜂に頭を刺された。近くに巣でもあったのだろうか、いきなりブーンといっぱい飛んできて襲われた。びっくりして払いのけたが耳の上を刺された。いまでも羽音が生々しく耳に残っている。スズメバチではないと思うのだが結構大きな蜂であった。毒が回って大変なことになってはまずいと思い、急いで志雄病院へ行ったところ、毒を消す注射を打たれて痛み止めの薬をもらった。しかし、いっこうに痛みがとれない。ズキズキとものすごく痛い。肉離れの次は歯痛で、その次は蜂に刺されて痛いことになってしまった。やはり今年は前厄であると実感してしまう今日この頃である。しばらくじっとしていよう(T_T)mo

溝掘り

be4b15f7.jpg 紺屋町に排水が悪い田があるので、溝を掘って排水を良くして、田を固くする作業をした。久しぶりの鍬使いで疲れたが、曇り空でそんなに暑くもなく、スムーズに作業は進み、昨日のアルコールも汗と一緒に抜けたようで、心地良い疲れであった。その後、どうも金曜日から歯の調子が悪く、歯茎も腫れてきたので歯医者へ行った。4年ぶりに行ったが、やはり大分歯が弱ってきたようである。肉離れの次は歯の治療がしばらく続きそうである(>_<)

祭り続く

2bb55695.jpg 昨日飲みすぎたせいか体調がすこぶる悪い。昨年の日誌にも同じようなこと書いていた。いつもなら二日酔いでも昼ごはんを食べたら治るのだが、今日は昼ごはんも食べれないほど気持が悪かった。こんなの初めて。布団で横になってしばらくウトウトしたところやっと落ち着いてきた。今日は門前地区の祭りで親戚とFさんの家をハシゴしなければならない。気が重かったが、やっぱり飲み始めると体調が良くなってきた。明日の体調が心配だけど今日もまた飲むぞ。( ^^) _U~~

御舘の祭り

04723693.jpg 今日は御舘地区の祭り。夕方から親戚や友人がやってきて宴会が始まった。近所の同級生も飛び入りでやってきて盛り上がった。そのうちソフトボールでの「肉離れ」の話になり、もう40歳なんだから無理をしたらダメだとみんなから言われた。気持ちは前に出てもだんだんと体がついていかなくなるということであった。友人のNからは「年寄りの冷や水」と言われてしまった。おいおいまだ年寄りじゃないぞ(ー_ー)!!

忘れてた

0ed961ce.jpg 昨日、今日の朝5時半から神社の掃除といわれていたのであるが、すっかり忘れていた。ちび太の散歩に行ったときに、御舘会館のほうからなにやら草刈機の音がするので思い出した。神社の掃除の後、会館の草刈をすることになったのであろう。散歩の途中でそのみなさんと出会ったのでちょっと凹んでしまった。そのせいか今日はずーっとなんだか気が乗らない。ブルーベリーの畑の草刈はしたものの、明日は御舘の祭りだし、今日は充電しておこうかな(+_+)

水抜き

8a8b58c6.jpg 田の水を抜くため全部の田を回り、水を止めてある気をはずしたり、暗渠パイプのキャップを抜いた。この作業を早めにやっておかないと、田が固くならないので稲刈りのときにコンバインがはまってしまうのである。もしはまってしまうと稲刈りの労力の10倍ぐらい体力を使うので、田の固さにはかなり気を使う。しかし、あんまり田に水がないと米は乳白色米になってしまうのでここらへんの加減が難しい。今年の弘宝米の生育は順調である。昨年の今日は台風がやってきて稲が倒伏してしまい、未熟米だらけになってしまった。でも今年はあと2週間ぐらいこの調子でいけば豊作はまちがいなさそうである。台風絶対来るなよ(−−〆)

ビールで充分

6ec8d290.jpg うちの田にハンドル操作を誤った自動車が突っ込んだ。幸い運転していた人に怪我はなく、自動車も大丈夫とのことであった。弘宝米の被害もそれほどないようなのでひと安心である。運転していたのは近所の大学生で、犬のようなものが急に飛び出してきたためハンドルを急にきったらしい。夕方その大学生の両親がやってきて、被害額を弁償したいと言ってきた。ご近所さんだし被害もそんなにたいしたことないし、持ってこられたそのビールだけで充分ですよ(^_^)

農薬散布

0f976b38.jpg 農薬散布をした。風が吹いていると農薬が飛ばされてしまいあまり効かないので、風がない朝5時に起きて散布を開始した。朝は面積の小さい田だけ散布したため、7時半ごろに終わった。面積の大きい田は、畦ではなく田の中に入って散布するため、稲やまわりの草に朝露がついていると作業着がびしょびしょになってしまうので、露がなくなる夕方にしようということにしたのである。ところが夕方になってもいっこうに風が弱くならない。もう今日はあきらめようと思っていたが、6時半になってピタっと風が止んだので散布を再開した。最後のほうには少し風も出てきたが、なんとか7時半に終了。あたりは真っ暗で月明かりで作業をしているのはなんとなく風流?な感じがした。こんな時間までかかったのは初めてで、まわりには誰もいないし新鮮だったのかも( ̄▽ ̄)

ナゴヤドーム

80bb6459.jpg 第35回中部日本地区選抜中学軟式野球大会に出場している甥を応援するためナゴヤドームに行ってきた。片道4時間ぐらいかかるため、朝7時に押水中に集合してバスで行った。お盆の渋滞もほとんどなくスムーズに11時過ぎに到着し、甥の試合は2時から始まった。相手は静岡県代表の岳洋中。バントと足で揺さぶる機動力野球が持ち味の野球巧者という感じで、荒削りな押水中のスキをつかれたような格好で1対3で惜敗。甥の夏は終わってしまった。でもよくここまでがんばったと、ねぎらってやりたい。3年間お疲れさん(T_T)

応援にいくぞ!

bdbd4881.jpg 日曜日のため、今日お盆の墓参りのため親戚たちがやってきた。明日の甥のナゴヤドームでの試合の話になり、応援バスにまだ空席があるので参加しないかと姉に誘われた。明日は嫁さんの実家へ行くことになっていたのであるが、せっかくの甥の晴れ舞台なので応援しに行こうと決意。弘彦もいっしょに行くことになった。でもナゴヤドームまでの長い道のり大丈夫かな。というわけで明日はナゴヤドームへ行って甥の応援をするぞ\(^o^)/

丸坊主

4ecb3327.jpg お盆が近いので弘彦が散髪に行ってきた。ほとんど丸刈り状態なので、親子で同じような頭になってしまった。でもなんとなくいい感じ。夕方、甥が明日から全国大会に行くということで遊びに来た。こっちも丸坊主。丸坊主だらけでなんともいい感じ。甥の試合は15日なのだが会場が名古屋ドームなので前泊するようである。でもこんなお盆に試合しなくてもいいのねぇ。試合の相手は静岡県代表で、うちの父もバスに乗って応援に行くらしい。甥も全国から集まった選手たちの素晴らしいプレーを見て野球の視野が広がることを期待したい。健闘を祈る(^_^)v

弘彦 小学校へ行く

4374a90a.jpg 今日は弘彦が小学校へ行く日である。登校日とは違って私服で行っている。夏休みの宿題はそんなにないのだが、このように学校へ行くことが多い。もう夏休みに入って6・7回は行っているのではないだろうか。自分が小学校のときは登校日の1・2回だけだったような気がするけど、だんだんと夏休みの過ごし方も変わってきたのであろうか。でも夏休みはしっかりと学校を休むことで非日常的なことを楽しむことに意義があるような気がするんだけどなぁ(ーー;)

大雨

a15b7ac1.jpg どしゃ降りである。雷を伴った激しい雨が夕方から降りだした。雷と花火の音に弱い「ちび太」は居場所をなくしたようにベッドの下にもぐりこんでいた。あとでわかったことだがこの雨はここ宝達志水町の周辺が最も激しかったらしい。能登最高峰「宝達山」に雨雲がさえぎられるからであろうか。幸いにも消防団の出動はなかったが、いつも大雨になると出動要請があるかと思って緊張してしまう。明日も大雨の予想らしいが災害にならないよう祈りたいm(_ _)m

草刈 延長戦

24066342.jpg 草刈がまだ残っていた。それは休耕田。休耕田の草刈はほかの田の邪魔にならないように年に1〜2回でいいと思うのだが、隣の田がきれいに草を刈ったので、なんとなくこちらも刈らなくてはならない雰囲気になってしまった。ちょっとほったらかしにしていたので草ボウボウで、畦だけでなく田の中まで草を刈らなければならない状態になっていたので時間がかかった。その後、家に帰ってから、最近あまりにも暑いので丸坊主にしようと決意。ソフトボールのメンバーの中で坊主頭が流行っていたので何となくつられてしまった感じである。高校生以来の丸坊主だがけっこう気持ちがイイ。嫁さんには「ジャイアンツの清原みたい」といわれてしまった。なんだかこのままクセになってしまうかも(^O^)

草刈

68612986.jpg ちょっと無理をして田の草刈に行った。さすがに急勾配のところはきつかったが、なんとか予定していた場所を刈り終えることができた。でも後半ちょっと脚に違和感を覚えたので無理しないでおこう。これで今年の草刈も終わり。次に草が伸びる頃には稲刈りが終わっているからである。今年は4回も草刈をした。もう草刈のプロのようになってしまった。テレビチャンピオンに草刈王選手権というのがあったら出場しようかな。案外いいとこまで行くかも(  ̄▽)b

散歩

56df1042.jpg 久しぶりに愛犬「ちび太」の散歩へ行った。脚が痛いため昨日までは軽トラでゆっくり田んぼ道を走って散歩していたのであるが、ほかの犬と出くわすと「ちび太」が喧嘩をふっかけるので、やっぱり紐でつないで散歩することにした。最初は無理かなと思ったが、痛みはあるものの脚を引きずりながら、いつもなら30分かかるコースを45分かかってなんとか散歩を終了した。脚が着実に回復しているようでうれしい。しかし、怪我したときは痛かった。今思い出しても痛い。先輩のAさんによるとこの肉ばなれというのはクセになるらしく、ちょっとしたきっかけで再発しやすいものらしい。気をつけなくっちゃ(一_一;)

ソフトボール 第11弾

6dc96946.jpg 8時から試合が開始されたが、昨日の酒が残っているせいか体調が悪い。きょうもランナーコーチで声援を送った。3回表にAさんのタイムリーヒットで1点を返して2対4となりこちらが押せ押せムード。4回には2アウト満塁のチャンスを作ったがここで点を取れなかったのが響いた。その裏2点を入れられ、最後にダメ押しのソロホームランを浴びて万事休す。最後の回に代打として出してもらったが4球目を中途半端なバッティングでファーストのファールフライに打ち取られがっくり。結局2対7で負けてしまった。でもなかなか面白いゲームになってよかった。チームのメンバーも明るくていい人ばかりだったのでまた一緒にやりたい。来年はレギュラーでフル出場できるようにがんばるぞ(^_^)/~

ソフトボール 第10弾

6787ee54.jpg 10時半にNさんに家まで迎えに来てもらい、津幡町までソフトボールの試合に行った。残念ながら試合には出場できなかったがランナーコーチとして声を出してチームを盛り上げることに専念した。2回終了時点で1対4で負けていたのだが、急に雷が鳴り出してあたりが暗くなってきた。落雷による危険のため中断となり、ベンチで待っていたところそれから10分後に雨が降り出し、あっという間に雷雨となった。みるみるうちにグランドが水浸しになり、これでは試合再開は難しくなってしまい、結局明日8時からこのまま引き続き3回表から再開することになった。その後地元に帰り、4時から打ち上げをして(明日もあるのにねぇ)9時まで飲んでしまった。さて明日はこの3点差をひっくり返して勝つことができるか(ーー゛)

ソフトボール 第9弾

d94caeaa.jpg 今日は検診の日なので再びI病院へ行ってきた。担当の医師に「どうですか?」と聞かれたので、「だいぶん良くなりましたが、さわってみると痛いです」と答えると、2週間後にまた来てくださいと言われた。最後にとりあえずちょこっと患部をさわられたものの、なんとも物足りない診察であった。効かないかもしれないけど電気をかけるとかマッサージするとか何か痛みが取れるようなことをやって欲しいものである。片道30分かけてやってきて待ち時間は20分。診察時間は5分。料金は220円。2週間後に行くのやめようかな。明日試合があると言ったところ「無理ですね」のひと言で終わり。やっぱそうだろうなぁ(T_T)

ソフトボール 第8弾

1a6b035c.jpg ソフトボールの練習に行った。今日は試合形式の練習だったが、見ているだけなのでなんともつまらない。やっぱり見ているよりプレイするほうが100倍面白い。しかし、まだ脚がいうことをきかないのでどうしようもない。そんな時、先輩のAさんがやってきて「俺もそこ肉離れしたことあるよ。でもしばらく安静にしていたら治るけど、また無理をするとまた肉離れすることもあるからむりしちゃダメだよ」と言われた。さらに「そこをテーピングすればなんとか試合には出れるかもよ」と素晴らしい?アドバイスをしてくれた。よーし土曜日までは安静にして試合当日は監督にアピールしてテーピングして出場するぞー( ̄▽ ̄) 

ソフトボール 第7弾

4454074d.jpg 久しぶりに弘彦と遊ぼうと思ったがやはり脚が痛い。でも日曜日と比べたらだいぶん痛みも取れたような気がする。結構回復は早いほうかも。そういえば昨年の4月にギックリ腰になったのであるが、そのときも最初の痛みがものすごく、これは1カ月はこんな状態なのかと思ったが、確か1週間であっさり治ったような気がする。でもやはり最初の養生が肝心だと思うのでしっかり休んでからがんばろう(=_=)

ソフトボール 第6弾

6508bde7.jpg ようやく退院できたのであるが、まだ痛みが残っているため松葉杖を貸してもらうことにした。初めて松葉杖を使ってみたが、やはり長距離を歩くのは無理であった。それに自分の部屋は2階にあるのでちょっとキツい。でも確実に痛みは少なくなってきているので、このぶんでは松葉杖を使わないですむ日も近いはず。というわけで夜は久しぶりにビールを飲んだ。五臓六腑にしみわたる。ん〜美味い!あっという間に3缶も空けてしまった。本当は血行がよくなるので飲むと良くないらしいけど今日は退院祝いだから大丈夫なのであった\( ^^) _U~~
livedoor プロフィール
世界農業遺産「能登の里山里海」の中で最高峰の「宝達山」の清流で育てたコシヒカリ「弘宝米」(こうぼうまい)を産直しています。
弘宝米(こうぼうまい)とは
この地に残る弘法大師伝説と、中西農場は親子三代(弘、弘徳、弘彦)にわたって名前に弘がついていること、宝達山の宝の文字とあわせて弘宝米と名づけました。弘宝米は、弘の宝の米という思いを込めて、農薬もできる限り使用しないようにした環境にやさしいコシヒカリです。

農薬使用についての考え
最新のコメント
最新のトラックバック
能登発信のブログ (畝源 The ブログ)
防災訓練
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ